同棲中の彼氏と喧嘩した時に仲直りする方法とは?

同棲中の彼氏と喧嘩した時に仲直りする方法とは?

同棲中の彼氏との仲直りの方法

同棲をしていると、お互いに一緒にいる時間がたくさん増えますね。
いつでも一緒にいられるというメリットがある反面、大なり小なり価値観の違いや嫌な所が見えてしまうというデメリットがあります。

 

小さなイライラが積み重なって、ちょっとしたきっかけでケンカに発展してしまうこともあるでしょう。
しかし、将来的に結婚まで考えての同棲であるなら、ケンカがこじれてしまった結果、取り返しのつかないことになりかねません。

 

そこで今回は、同棲中の彼とケンカしてしまったときの仲直りをする方法をご紹介したいと思います。

 

 

絶対にやってはいけないこと

・無視

頭に血が上ってしまい、怒り心頭の状態だと相手の顔も見たくなければ、口もききたくなくなってしまいますね。
しかし、いつまでもそれを続けていてもなにも解決することはありません。

 

それどころか、場合によっては関係がこじれかねません。
彼の方から声をかけてくれた場合には、きちんと目を見て話しましょう。

 

 

・家出

怒った勢いで家を飛び出してしまうということ、経験あるのではないでしょうか?
この行為は仲直りをするきっかけを自ら断ってしまい、話し合いのチャンスすらつぶしてしまっています。

 

これでは、自分で取り返しのつかない方向へと向かっているようなものです。
同棲をやめたくなって飛び出したのだとしても、その場の勢いで出て行くのではなく、お互いに冷静になって話し合いをしてからでもいいのです。

 

 

仲直りをするには?

・スッキリと謝ってしまう

「ケンカ両成敗」という言葉がある通り、どちらに原因があろうとも結局そのケンカに乗った方も悪いのです。
明らかに彼の方に原因があったとしても、意地になってしまってなかなか謝れないのかもしれません。

 

冷静になれているあなたの方から謝ってみてください。
それがきっかけとなって彼も謝ってくるかもしれません。

 

 

・しっかりと話し合う

ケンカの熱が冷めて冷静になれたら、ケンカの根本的な原因をしっかりと話し合いましょう。
これを放置してしまうと、また同じことでケンカしかねません。

 

ケンカの原因なんて、意外とくだらないことだったりするのです。
お互いに直してもらいたい所を冷静に指摘して、お互いに譲歩する努力することが必要です。

 

 

まとめ

同棲というのは一緒に生活しているだけあって、お互いの性格やクセ、価値観などがよく見えてきます。
そこの相違から小さなケンカが生まれるのですが、このケンカは二人の関係をより深くすることに必要なことです。
ケンカと仲直りを繰り返し、よりよい家庭を築けるよう頑張りましょう。


ホーム